小林農園の鶏たち

平飼い(ひらがい)という育て方

「平飼い(ひらがい)」とは、平たい地面のうえで、放し飼いの状態で飼うことです。

鶏は本来、羽をきれいにするために砂浴びをし、1日に1万回以上地面をつつきます。卵を産むときは狭い巣にかくれます。止まり木と呼ばれる木の上で休みます。 小林農園の鶏たちは、こういった鶏にとって「あたりまえ」の毎日を送っています。

一般的な飼育

一般的に市販されている卵の多くは、ケージ飼いと言われ、ウインドレスの鶏舎で小さなケージに何羽も詰め込まれた鶏が産みます。 運動はさせないので病気にかかりやすく、抗生物質など薬剤を接種させます。

卵が転がるように傾いたケージで、砂浴びも地面をつつくこともできません。ストレスで羽をむしり合っている姿も日常的にみられます。

鶏の自然の姿とはかけ離れた状況で卵を産み続けます。 そうしてコストパフォーマンスを追求した結果、昔の日本では高級品だった卵が普通に食べられるようになったのは事実です。

餌のこと

平飼いで育て、自家配合飼料と緑餌(青草)をたくさん与え、薬剤を一切使用せずになるべく自然に近い状態で鶏を飼うという考え方を「自然養鶏」といいます。

この自然養鶏でとくに重要視している緑餌は、ビタミンや食物繊維の宝庫です。

小林農園では無農薬の牧草や季節の野草をふんだんに与えています。 雪の降る冬には、山の笹や地域で手に入る野菜屑を与えます。緑餌の他にも、北海道内で手に入るものを組み合わせて配合しています。

市販の配合飼料や輸入飼料は、遺伝子組み換えやポストハーベスト(収穫後使用される農薬)の心配があるので一切使用していません。また、抗生物質やホルモン剤などの化学物質も一切与えていません。