黄身の色はレモンイエローです

よく「黄身の色の濃さが卵の中身の濃さ」であるかのような、間違ったイメージを消費者に与えている広告を目にします。 卵の色は鶏が何を食べているかによって決まります。着色要素を取り入れれば容易に色の濃い卵を産みます。逆に米ばかり与えると黄身が白くなります。黄身の色の濃さと中身の濃さは全く別物です

小林農園では緑餌をたくさん与えるので、黄身の色はレモンイエローです。一般に流通している卵と比べると色が薄く感じられるかもしれません。 濃いオレンジにしたければ、パプリカの粉末や、マリーゴールド系の着色料、化学合成着色料を与えればいいのです。 しかし、これらには輸入飼料の残留農薬や防腐剤の心配があり、卵の色の為だけに鶏の健康を害しては自然養鶏をしている意味がありません。

※卵の色も、個体差があります。小林農園では、えさに市販の配合飼料を使用しておりません。国産の原料を別々に仕入れ、砕き、自家配合(混ぜて)鶏に与えています。 平飼い飼育ですので、鶏たちは好きな時に好きな餌を食べます。 粉々に粉砕された市販の配合飼料を与えた場合とは違い、 体調や好みで「麦を多く食べる鶏」や、「魚粉を多く食べる鶏」がいるようです。こういったことから、少し色が濃いめの卵もございます。

水洗いしていません

小林農園では洗卵(水洗い)せずに、汚れを優しくサンドペーパーで落としています。洗卵してしまうと、見た目はピカピカになりますが、卵の殻の表面にある「クチクラ層」という薄い被膜が破けてしまいます。実はこの「クチクラ層」がサルモネラ菌等の細菌が卵に入るのを防いでいるんです。

ただ、サンドペーパーのみだと若干の汚れはどうしても残ってしまいます。気になる方はお召し上がりの直前に水洗いすることをおすすめします。 もちろん洗卵のための合成洗浄剤や殺菌消毒用の次亜塩素酸ナトリウムなどの侵入の心配もありません。

卵に何か入っている?

卵黄に赤いものが付着していることがありますが、これは「ブラッドスポット」と呼ばれ、 卵が卵管を通過する際、弱い血管や傷つき易い血管などがあると、そこからの出血が卵の中に混ざってしまう場合があります。食べても害はありませんが気になる方は取り除いてからお召し上がりください。

また、卵白に白色、褐色あるいは赤褐色の肉様物質が付着していることがありますが、これは「ミートスポット」と呼ばれ、卵殻色素の粒子が鶏卵内に沈滞したものです。赤玉の卵(殻が褐色の卵)に多く見られるものです。こちらも食べても害はありませんが気になる方は取り除いてからお召し上がりください。

殻の形も色もいろいろ

初生雛から愛情を込めて育てること約半年。 画一的な飼育を行なっていないので、自由に暮らしている鶏たちには個体差もあり、殻の色や模様も様々です。殻の色が個性的であっても卵の品質は変わりません。 鶏卵の取引規格に沿って、MS玉〜L玉を均等にパックにして販売しています。









ABOUT

小林農園の平飼い自然卵
小林農園の鶏たち
のし・メッセージサービス
小林農園ホームページ